電子情報技術産業協会(JEITA)などが11日発表した国内メーカーによる1月の携帯電話の出荷台数は、
前年同月と比べて8・5%増の201万5000台となり、2か月ぶりに前年実績を上回った。

集計対象には米アップルのiPhone(アイフォーン)や韓国サムスンのギャラクシーなど海外メーカーの製品は
含まれていないが、国産に限れば従来タイプのいわゆる「ガラケー」の好調が目立つ。  

スマホが0・5%増の92万4000台だったのに対し、ガラケーは16・4%増の109万1000台で、5か月
連続で前年を上回った。出荷台数の割合は、ガラケーが54・2%、スマホが45・8%だった。  

JEITAによると、「スマホは通信費が高いため、従来型の携帯電話に戻す動きも出ている」という。 

(2014年3月12日07時36分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/net/news0/atmoney/20140311-OYT1T00801.htm